精密補綴治療

精密補綴治療とは

近年、歯科医療の進歩はめざましいものがあり、様々な最新機器、術式、歯科材料が紹介されています。
しかし、ただ単に新しく、単に綺麗であれば良い治療というわけではないと考えています。
長期に亘って確立されてきた材料、術式は勿論のこと、最新の術式、材料まで幅広い選択肢の中より、最善の処置方法を患者様のニーズに合わせて選択致します。
また、当院のコンセプトと致しましては、咬み合わせや、審美的な点においても理論的根拠に基づき、長期的に良い結果をもたらす補綴物(クラウンやブリッジなど)を提供することを心がけております。

治療方法

オールセラミッククラウン

メタルを使用しないセラミック冠で、審美性に非常に優れています。
また、金属アレルギーなどの方にも応用が可能です。

陶材焼付冠(メタルボンドクラウン)

メタルのフレームにセラミック(陶材)を接着させた冠で、審美性と強度を兼ね備えた、歴史的に確立された治療法といえます。

全部鋳造冠(貴金属冠)

金属のみで製作した冠で、大臼歯などの審美的要求が高くなく、大きな力を受ける部分に適応できます。
割れる、欠けるなどの心配がなく、安定した材質であることが最大の利点といえます。

ラミネートベニア

部分的な詰め物で、金属色が気になる場合に審美的な改善が望めます。

ホワイトニング

薬剤を使用し、ご自身の歯を削らずに白さを改善する方法です。
診療室で行う方法と、ご自宅で行う方法があります

保険外治療が高価な理由

より審美性の高いもの、またより精度の高い冠などを製作する為には、まず精度の高い処置がなされる必要があります。
歯の形を整え、型取りを精密に行うにはある程度長時間の治療時間がかかります。
更に、精密に出来上がった模型上に、技術の高い技工士によって冠などが製作される必要があります。
残念ながら、健康保険の枠組みの中で対応できる治療との差は、このような点で大きな差があるのが現状といえます。
治療及び技工の各ステップをより厳密に行うことにより、一定の治療及び製作時間が必要であり、所定のコストがどうしても必要になることをご理解下さい。

精密補綴治療の症例紹介

症例一覧はこちら

ページトップへ